赤ちゃんの寝かしつけについて

  • 赤ちゃんの寝かしつけについて

    • 赤ちゃんのお世話は、かわいい反面とても大変です。
      家事の途中でも、赤ちゃんが泣いたら中断することもしばしばです。

      そんな生活の中、赤ちゃんが寝ている時間は、ホッと一息つけることも多いです。
      一日中良く寝る子、少ししか寝ない子といろいろです。

      寝かしつけに苦労しているお母さんも多いはずです。



      なかなか寝付かないことに疲れてしまうこともあります。

      赤ちゃんが寝ないのには理由があります。
      それは、自我を主張している、お母さんやお父さんに甘えたいという気持ちの表現、お腹がすいてる、湿疹などがかゆい、暑い寒いというサインなどです。その対策として一番効果があるのが、添い寝です。


      お母さんのぬくもり、匂い、感触、声は赤ちゃんにとって何よりも安心できることです。



      寝かしつけはしっかりと体を密着させると良いです。また、生活リズムが狂ってしまうことに原因があることもあるので、朝起きたら明るいところで過ごさせ、夜寝るときは真っ暗にするなど光で寝る、起きるを教えると一日のリズムが整ってきます。

      wikipediaの分かりやすい情報はこちらです。

      そして、体力がついてくると体力が有り余って、寝かしつけに時間がかかることも出てきます。


      天気の良い日には外に出て体を動かし、五感で様々な刺激を受けることで、程よい疲れが出て夜すんなりと眠れたりします。


      入眠儀式といって、寝るときに必ずやることを決めておくのも良い方法です。
      オルゴールをかける、お気に入りのぬいぐるみを用意する、絵本を読む、背中をさするなど毎晩やることを決めておくと、本能的に、寝る時間だなという意識が出て寝る体制が起こるようになります。

  • 関連リンク

    • 赤ちゃんは家族にとって宝であり天使の様な存在ですが、特に初めての出産の場合は何が良くて何をしてはいけないのかよく分からずに、日々試行錯誤を繰り返しています。赤ちゃんを育てる時の悩みとして、多くの場合は泣いている理由が分からなの事と、スムーズな寝かしつけがスムーズに出来ない事です。...

    • 赤ちゃんの寝かしつけは多くのお母さんを悩ませる要因の1つです。その原因としてあげられるのは、赤ちゃんにはまだ生活リズムがはっきりしていないというところにあります。...